お金を借りる|審査を通す

原則どんな金融機関であっても、お金を借りるという場合は審査をクリアしなければなりません。簡単に申し上げれば、借り入れの申し込みをした方にお金を貸しても大丈夫かどうか?の裁定を下すのがカードローンの審査だと言えるでしょう。また、その審査過程において本人確認を行なうための在籍確認は必ず行われると思っておいたほうがいいでしょう。現在、申し込みの方法はインターネットを使ったWEB 申し込みが多くなっているようです。大手消費者金融のプロミス、アコム、アイフル、SMBC モビットなどであれば、氏名や年齢など、審査に必要な情報を入力して送信すると既定の審査が行われ、早ければ30分~1時間以内には審査結果がわかります。

 

審査基準に関しては銀行や消費者金融それぞれで独自の基準を設定しているはずです。現実に自分自身が借り入れの申し込みをして、その審査の結果を待つしかないでしょう・・
無収入の人については、総量規制の適用対象である消費者金融系の会社からは原則的に借金できません。したがって専業主婦が借金できるのは、銀行だけということになりますが、パートやアルバイトでも月々、安定した収入があれば、消費者金融系の会社であれば、お金を借りることができます。

 

すぐに現金が必要という状況で、それほど手間も掛からずに、お金を借りることができるのはありがたいものです。即日融資(即日キャッシング)を希望する方は、「今日お金を借りたい」,「今すぐお金借りたい」と考えるもの・・・多くの金融機関は平日の14時以前に手続きしなければ、申し込んだ日にキャッシュを手にすることはできないことを覚えておきましょう。カードローンを利用する場合は、銀行が取り扱っているカードローンの方が低金利ですが、プロミス、アコム、アイフル、SMBC モビット等の大手消費者金融でも、大きな差はなくなっていると思われます。また、30日間無利息というサービスを展開している消費者金融系の会社も多いです。次の月給日に全部返済するなど、30日以内にお金を返済するつもりの人は、無利息サービスを提供しているカードローンを利用する方がお得だと頭に入れておきましょう。

 

銀行のカードローンの利点は、やはり低金利であることです。ローン限度額も高めに設定されているなど、利用者としても本当に重宝すると言えるのではないでしょうか?多くの銀行のカードローンは消費者金融のカードローンよりも低金利であり、貸金業法の総量規制制限がかかることはありませんので、百万円単位など高額な借入をしたい方に銀行のカードローンを選択すると良いかと思われます。ただ「収入証明書が必要」「保証人が必要」と言われる可能性があることを承知しておいて下さい。

 

総量規制とは

キャッシング関連でよく聞く総量規制とは、「貸金業者が一般の消費者に過剰な貸付を行なうことがないように!」という意味合いで、「個人への融資の合計金額が年収の3分の1より多くなってはいけない」というふうに規定した貸付のルールとなります。また、50万円以上の借り入れの際に収入証明書を提出するよう義務づけられたは、2007年に貸金業法が改正されたためです。

 

また、カードローンの借り換えを検討するときに重大なポイントとなるのが、「どの金融機関を選ぶか?」ということです。都市銀行を以外でも自宅の近所の地方銀行や信用金庫なども含めて比較検討されると良いかと思います。

 

 

●具体的にお金借りる手順としては (参考サイト:http://www.kingstontn.org/)

1,銀行にするか、消費者金融にするか決める。

 ・数百万円など、高額な借り入れをしたい場合→銀行
 ・即日キャッシング、すぐに借りたい場合→消費者金融
 ・パートやアルバイトの場合→消費者金融

2,公式サイトにアクセスして,申し込みホームに必要事項を記入する。

3,審査

4,審査結果を待つ。

5,審査が通れば,在籍確認(在籍確認を避けたい場合は,その旨を相談することも可能)

6,在籍確認が取れれば正式に契約

7,郵送でカードを送ってもらうか,自分で金融機関の店舗に出向くか,或いは ATM などでカードを受け取る。(カードレスの金融機関もあり)

8,お金を借りることができる。